ハートフルトピックス

HOME > ハートフルトピックス > 研修社員サクマ君が感じたハートフルとは!?

<< "社歌"待望のCD化 | main | 日経新聞に掲載されました! >>

ハートフルトピックス

研修社員サクマ君が感じたハートフルとは!?

僕が研修社員としてハートフルにきたきっかけ


サクマ君子供の頃の夢であった「タクシードライバー」になりたくて入ったタクシー業界。

25歳でタクシー業界に入って早6年、現在は管理者として色々な壁にぶつかりながら毎日を過ごしていました。

社員みんなの努力+色々な方々のご協力で、地域ナンバーワンの安心と信頼を得られる会社になる事が出来たと思っています。(大分県タクシー協会主催 サービスモニターコンクール3年連続No1という栄誉を与えられました)
ただ、何年か過ぎたあたりから自分自身、会社、タクシー業界に対して色々な疑問を感じ、

「これでいいんかぇ?(標準語で「これでよいのか?」)」

という気持ちが常に頭の中をよぎりながらも、どうしたら解らず目の前の事に追われていました。

そんな時、ある方から言われたこんな一言、

「神奈川にある、ハートフルタクシーに勉強に行ってみませんか?」

初めて聞いた「ハートフルタクシー」という会社名。

ひょっとして介護専門のタクシー会社ですか?・・・・・・。その時は深く考えず「チャンスがあれば・・・」なんて軽く流してしまいました。

が、頭の中に残る「ハートフル」という言葉。

「思いやりタクシーか・・・・・・・・。」などと思いながらネットで検索した所、

(私たちは「思いやり」「優しさ」「日本一」のタクシー会社を目指します。)のタイトルが・・・・・。

「んっ? 普通のタクシー会社とはちょっと違うぞ・・・・・。」とページをめくり内容を見ていると・・・・出てきたのが社長からのメッセージ。


全員に共通している最大の認識は、今の「タクシー」に大、々、々不満足という事です。
何でサービス提供者でありながら、お客様の視点に立った運営が出来ないの?
何でほかのサービス業では当たり前のサービスが出来ないの?
何でタクシー屋さんて人に優しくないの?というか、威張りんぼなの?
等々、まだまだありますがもう不満だらけでだんだん腹が立ってきます。

でも怒っているだけではらちがあきませんし、怒るだけなら誰でも出来ます。
それなら自分達で理想的なタクシー会社を創っちゃえ!
どうせ創るなら日本一のタクシーを目指そう!「思いやり」「やさしさ」日本一だということで、この熱い思いに吸い寄せられた、ある意味恐れを知らない者たちが集まってこの「ハートフルタクシー」が生まれたのです。


「なんじゃこりゃ!!!!!!!!!!」

思わず叫んでしまいました。(松田優作みたいに・・・・・)

「同じ不満を持った人がたくさんいるなんて・・・・そしてそんな人がタクシー会社を創ってしまった・・・・・・きっと僕の理想がそこにある!!!」

その瞬間に「ハートフルタクシーに勉強に行かせて下さい!」と弊社社長にお願いをしてしまいました。

ハートフルタクシーとの衝撃的な出会い!


とんとん拍子に話しが進み、研修生として受け入れて頂ける事になり、海老名に着いて乗ってみた「ハートフルタクシー」。

黒いタクシーが多い街中で「颯爽」と現れた白い高級車。天井には青い「HARTFUL」の文字。

sakuma.jpg次の瞬間、降りてきたのはホテルの「ベルボーイ」見たいなDrさん。

そして出てきたのがこの言葉。

「佐久間様ですか? 私、ハートフルタクシーの●●と申します。大変お待たせして申し訳ございません。お迎えに上がりました。」

深々と頭を下げられ、すばやい手つきでトランクに荷物をのせ、ドアサービスを行う。

その動作・言葉のすべてが自然で、無駄が無く、丁寧・・・・・・・。

未だかつて、そんなタクシーは見たことも乗ったこともございません。

既存の「タクシー」の接客とは全く違う、まるで「高級ホテル」の様な接客でした。

業界の常識を打ち破る、超情熱的集団!


ハートフルについて思ったのが「タクシー会社とは違う雰囲気」であると言う事。

タクシー会社のイメージって「暗い、怖い、煙たい」(すべての会社がそうではないですが・・・・)ですが、ハートフルは「明るい、笑顔、クリーン」という環境です。

働いている方が笑顔で、活気があり、大きな声で挨拶を行う。

当たり前なことなんですが、忘れている事に気づかされました。

そして、タクシー会社なのに同世代と思われる方が非常に多い事にも驚きです。

研修が始まり、ハートフルタクシーの事を包み隠さず見せてもらいながら思ったのが、皆さんがこの仕事に「誇りとプライドを持ち、愛している」と言う事です。

このページを見ているタクシー業界の方にお聞きします。

「タクシーの話しで朝から夜中まで話すことってありますか?(愚痴、悪口以外で)」

こちらではそれが当たり前です。皆さんそれだけ真剣です。

ハートフルも他のタクシー会社(もしくは僕自身)と同様の悩みを抱えています。(求人、稼働率、売り上げ サービスの質 etc・・・・。)

が、決定的に違うのが「ピンチをチャンス」と捉え前向きに考えるという所です。

「経営理念」・「クレド」・「行動指針」・「10プロミス」・「法令順守の精神」などが象徴しているように「お客様の目線に立ち、社員にどう向き合うか?」という「タクシー業界が忘れている事、ちょっと目をそむけている事」に対して本気で取り組んでいる会社です。

きっと色々な問題がクリアされた時に本当の「日本一」の会社になるかもしれませんね。

sakuma2.jpgただ、僕自身もうかうかしていられません。だって、最強のライバルが現れたわけなんですから・・・・・・・。

良い所は全部盗んで帰ります・・・・・・。(というか全部教えてくれるので盗み放題です。)

「東のハートフルタクシー・西のふたばタクシー」という風に全国でも認知されるように頑張ります。

ほんの2週間で感じた事を書かせてもらいましたが、まだまだ隠れている部分はたくさんあると思います。

それについてはまた今度、別の機会に・・・・・・・・・・・・。
PAGE TOP

yonde@heartful-taxi.co.jpBGMを再生 株式会社ハートフルタクシー